立ち上げから平成26年度まで

立ち上げから平成26年度まで

<アロマ石けんを作るイベント>

2015年3月26日

 

好評でしたので、またまたアロマ石けんを作りました。

入浴タイムが楽しみ!!

 

2015-03-26 14.25.03 2015-03-26 14.00.06
2015-03-26 14.48.58  

 


 <中国茶を楽しむイベント>

2015年2月26日

 

2015-02-26 14.07.37 2015-02-26 14.06.50
2015-02-26 14.06.43 2015-02-26 14.04.22
2015-02-26 14.04.01 2015-02-26 14.03.38

<出前講座を、開催しました!>
2015年2月19日
 2015-02-19 13.40.36
出前講座を、開催しました。
 
内容は、糸島における、「障がい者支援」、「障がい者の就労支援」、「障がい児の居場所」などについて、糸島市役所・志摩学園・木の実の方からそれぞれお話しいただきました。
 
質問タイムでは、多くの意見が交わされました。
 
出席者も20名を超え、満席でした。 

<もんさんコンサート、開催しました!>
2014年12月18日

MonさんTALK & コンサート

~障がいがあるからこそ~

Monさん:1973年大分県大分市生まれ。福岡県糸島市在住。二人の子を持つ子育てシンガー。
叔父の「にしきの あきら」に憧れて、幼少の頃から歌手になるコトを決意。音楽活動をスタートする。「いのち」の大切さなどを歌と語りで伝えている。また、在日韓国人であり、
ADHD(注意欠陥多動障害)のため、幼少期に差別、いじめを受ける。

日 時 : 2014年12月23日(祝) 13:00開演 (12時30分 開場)

場 所 : 糸島市人権センター(第1,2会議室)

 

発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害です。発達障がいがある人は、 コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。また、その行動や態度は「自分 勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。

 

~当事者だから語れる障がいのコト・・・きっとたくさんの気づきを感じられると思います~


<「アロマ キャンドル」づくりのイベント>

2014年12月18日
アロマ キャンドルを作りました。

 


 

<初のイベントを、開催しました!>

2014年10月30日

 

苔玉を作りました!

DSC_0108 DSC_0112

 


 <講演会、開催しました!>
 2014年7月19日

  平成26年度糸島市市民提案型まちづくり事業(企画部地域振興課)

いとしまで不登校の子どもたちと共に歩む親の会

サークル・オーキッド主催

「困った子」にも「つたわる・わかる」支えかた。

――ちょっと対応が困難な子どもたちへの『具体的な』関わり方――

子育て中の「困った」「どうしたらいいの?」悩みに。

  • 育てにくい
  • 何回注意しても身につかない
  • 少し周りと違う
講師 土井 高徳どい たかのり1954年福岡県生まれ。熊本大学法文学部を経て、北九州市立大学大学院博士課程修了。学術博士。地域の医師や臨床心理士など15職種の専門家と連携し日本で唯一の“治療的里親”としてファミリーホームを運営西日本新聞や教育誌eduに連載を掲載。

 

 内容は具体的。叱る時間は3分以内。

「守られているという安心感」を持たせるために一貫性と継続性のある「物差し」を。

周囲の賞賛と共感の言葉で子どもは変化を見せる・・・。」”土井談

 今回学術博士の土井先生をお招きして、子育て中・児童支援の中での「困った」トラブルについて、具体的な対応の仕方を教えていただきます。一人で抱えて悩んでおられるご家族様も、日々子供と接しておられる支援者様も、どなたもお気楽にお越しください。お待ちしてます。

 DSC_0033

開催日  2014年7月19日(土曜日)

開 場 13:00   開 演13:30~15:30

会 場 糸島市人権センター 第1・2会議室

参 加 費  500円

 


 

<西日本新聞に、掲載されました!>

2014年7月8日

 

オーキット 西日本新聞 (2)

 


 

 <サークル・オーキッドの誕生>
 
 不登校児を持つ私たち母親は、平成9年の夏、毎年糸島郡で開催されていた「母と女教師の会・不登校分科会」に提案者として招へいされました。
分科会の中で、「親の交流の場がもっと欲しい」との声が多数あげられました。
分科会に参加した母親たちが集まって、平成9年秋「 サークル・オ-キッド」は発足しました。DSC_0027
 
 糸島は蘭の栽培が盛んです。蘭は栽培が難しいそうですが、その苦労が実った暁には、すばらしく美しい花を咲かせます。
当時、多少なりとも将来への不安を消せずにいた私たちは、美しい蘭の花に わが子の将来を重ね合わせたものでした。
この様な思いの中から「サークル・オーキッド」と会の名前をつけました。
月に1~2回の集まりでは、沢山の方々が苦悩を吐露し、喜びを分かち合い、学び合ってきました。

それから早18年、サークル・オーキッドの思いは確かに受け継がれ、その活動は 地域で大きな役割を担うまでに成長しました。
これまでご尽力いただいた多くの方々に深く感謝し、今後の活動の更なる充実を祈念します。

 
    
  サークル・オーキッド   初代代表  島添